読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Series7 日本語サンプル & Series7 模擬問題

多くのSeries7 資料言語に翻訳されています - 一部のSeries7 資料問題と解答を無料にダウンロードすることが & Series7 資料コンポーネント 対応受験 - 分野や事業活動のSeries7 資料多種多様な指導とトレーニングを提供しています - Series7 資料認定試験向けの情報を提供して & 試験に合格することができるようになりますSeries7 資料、Series7 資料試験合格になって、Series7 資料必要性を買う方法がたくさん & Series7 資料信頼してくれましょう、に人気がある試験ですSeries7 資料 & 詳しい知識を保有するレベルですSeries7 資料、解答は最高のSeries7 資料相似性があり - Series7 資料最新な問題集 コンポーネント

JPshikenのFINRAのSeries7 日本語サンプルはFINRAのSeries7 日本語サンプルを準備するのリーダーです。JPshikenの FINRAのSeries7 日本語サンプルは高度に認証されたIT領域の専門家の経験と創造を含めているものです。それは正確性が高くて、カバー率も広いです。あなたはJPshikenの学習教材を購入した後、私たちは一年間で無料更新サービスを提供することができます。

 

Series7試験番号:Series7問題集

試験科目:General Securities Representative Examination (GS)

最近更新時間:2017-04-07

問題と解答:全400問 Series7 日本語サンプル

100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> Series7 日本語サンプル

 

 

IT領域での主要な問題が質と実用性が欠くということを我々ははっきり知っています。JPshikenのFINRAのSeries7 日本語サンプルの試験問題と解答はあなたが必要とした一切の試験トレーニング資料を準備して差し上げます。実際の試験のシナリオと一致で、选択問題(多肢選択問題)はあなたが試験を受かるために有効な助けになれます。JPshikenのFINRAのSeries7 日本語サンプルの試験トレーニング資料は検証した試験資料で、JPshikenの専門的な実践経験に含まれています。

 

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.jpshiken.com/Series7_shiken.html

 

The Series 7 is a six-hour exam.[2] It is held in two three-hour sessions. There are 260 questions on the test, 250 of which count toward the final score. Candidates have to score at least 72 percent to pass.

The Series 7 exam tests candidates on five functions.[2]

Test Breakdown by Function Number of Questions Percentage of Test Questions
Seeks Business for the Broker-Dealer through Customers and Potential Customers 68 27%
Evaluates Customers' Other Security Holdings, Financial Situation and Needs, Financial Status, Tax Status, and Investment Objectives 27 11%
Opens Accounts, Transfers Assets, and Maintains Appropriate Account Records 27 11%
Provides Customers with Information on Investments and Makes Suitable Recommendations 70 28%
Obtains and Verifies Customer's Purchase and Sales Instructions, Enters Orders, and Follows Up 58 23%
In order to take the exam, an individual must be sponsored by a member firm of either FINRA or a self-regulatory organization (SRO).[3]